台湾福茶トップ>木柵鉄観音(もくさくてつかんのん)『虎の穴』

台湾茶の台湾福茶
初めての
お客様へ
ご注文の方法 送料・手数料
お支払い方法
御得意様ページへ メールで
お問い合わせ
通信販売法
に基づく表記
卸販売について 
木柵鉄観音とは
(もくさくてつかんのん)
木柵鉄観音とは、台北縣・台北市の老泉里・指南里猫空一帯で鉄観音製法によって造られたお茶の総称です。

【鉄観音製法とは・・・】
鉄観音製法の特徴は包布揉 ⇒ 包布焙 ⇒ 解塊(茶葉を布に包み揉み込んだ後、きつく絞って成形⇒焙煎⇒布を解き茶葉をほぐす)作業を幾度か繰り返し、時間をかけて重めの焙煎をかけながらお茶の葉を球型に成形していくところにあります。
茶青(生茶) ⇒ 日光萎凋 ⇒ 室内萎凋・攪拌 ⇒ 殺青 ⇒ 揉捻 ⇒ 初乾 ⇒ 包布揉 ⇒ 包布焙 ⇒ 解塊 ⇒ 検枝 ⇒ 火焙 ⇒ 製品

しかし、鉄観音製法で造られたお茶が全て同じ香り・味わい仕上がると言う訳ではなく、原料となる品種によって様々な個性を持った木柵鉄観音を楽しむことができます。
産地である猫空一帯は、古くは福建省南部、安溪周辺からの移民が多く、彼らと共に様々な品種の茶樹が移植され今日に至っています。これらの品種を一通り知っておけば木柵鉄観音を100倍楽しめること間違い無し!
奥深い木柵鉄観音の世界を堪能してみましょう!

現在、台湾茶の多くは青心烏龍(チンシンウーロン)や金萱(キンセン)など比較的特定された品種から作られている傾向が有りますが、木柵鉄観音の産地には、かつて福建省から移植された古い品種の茶樹たちが多く現存しています。

歴史を秘めたそれらの品種を同じ『鉄観音製法』で仕上げることにより、それぞれに特徴的な香りを引き出してゆく・・・。木柵鉄観音は、品種の個性を味わうことでより深く楽しむことができるお茶なのです。




鉄観音

(てつかんのん)
 鉄観音種の原産は福建省南部の安溪縣。木柵には張迺乾・張迺妙兄弟が1919年に持ち込んだと言われています。写真の様に良質な鉄観音種の茶葉はクネクネと波を打ったように曲がっているのが特徴。大きさは比較的小さく幅も細め。

鉄観音種は他の品種と比べて弱く成長が遅い為に生産性の低い品種ですが、製茶すると
観音韻(かんのんいん)と呼ばれる素晴らしい香気持つために半発酵茶の原料として非常に卓越した品種であると言えます。 また、この鉄観音種から造られた木柵鉄観音だけを『木柵正叢鉄観音』と呼び、比賽(コンテスト)は木柵正叢鉄観音だけで競われます

元来、
『鉄観音製法』は木柵に於いて鉄観音種の風味を最大限に引き出す為に研究され独自の発展を遂げたもので、現時点においては福建省の安溪鉄観音の製法とは異なります。

『木柵正叢鉄観音』は
観音韻と呼ばれる甘く華やかな香りのみならず、飲み口に感じる芳醇さと酸味あとを引く官能的な余韻は永く人々の心を捉えて離しません。まさに木柵鉄観音の中の木柵鉄観音と呼べるお茶です。
木柵正叢鉄観音
(もくさく・せいそう・てつかんのん)
木柵正叢鉄観音の詳細はこちら
春茶 25g 単価 1,200円 購入数  
冬茶 25g 単価 1,200円 購入数  


金萱

(きんせん)
 金萱種の原産は台湾。『台農八号』と『硬枝紅心』という品種を交雑させて生まれた新しい品種です。

金萱種の茶葉は比較的大きく、幅も広いので全体的に丸みを帯びた形をしています。金萱種から造られた半発酵茶は、よく
バニラミルク菓子の甘い香りに例えられますが、ときにはマロン焼芋のような香りも見せてくれる非常に表情豊かな優良品種でも有ります。

『鉄観音製法』で製茶された金萱は、
持ち前の『甘い香り』がとても上品に洗練され、ボディーの太さが『まろやかさ』となりそれを後押しするため非常に香りと味わいのバランスが素晴らしいお茶となります。

現在、当店では5種類の品種から造られた木柵鉄観音をご紹介していますが、その中でも一番癖が無く、誰にでも
「美味しい」と高い評価を受けているのがこのお茶。伝統的な『鉄観音製法』と新品種『金萱』との絶妙な融合をお楽しみいただけます。
木柵金萱鉄観音
(もくさく・きんせん・てつかんのん)
木柵金萱鉄間の詳細はこちら
 25g 単価  900円 購入数  


水仙

(すいせん)
 水仙種の原産は広く、烏龍茶(半発酵茶)発祥の地『武夷山』を含む福建省北部一帯と『単叢水仙』で有名な広東省にまたがります。水仙種の茶樹は他のものと比べて背が高く、それに比例する様に肉厚でドッシリとした茶葉を付けます。

『水仙種』と『鉄観音種』には面白い因縁があります。水仙種の原産地、福建省
北部と言えば武夷山を有し、古くは皇帝への献上茶を生産していた言わずと知れた名門。対して『鉄観音種』の原産地、福建省南部の安溪は近代の輸出ブームを追い風に台頭してきた新興の銘産地。当然2つの産地はそれぞれに頑固なプライドを持っている事でしょう。

その
『北部と南部』、『名門と新興』の拮抗を彼らの新天地台湾にて、しかも同じ『鉄観音製法』という土俵に上がった容で見れるとは感動的でもある。

さて『水仙鉄観音』の味わいですが、口に含んだ瞬間
舌の上でトロリととろけるような非常に濃厚な口感を楽しめます。後を引く芳醇な風味は圧巻。飲み干した茶杯が少し冷えた頃にかおる水仙を想わせる香りも素晴らしい!是非とも『鉄観音』と双璧で楽しんでいただきたいお茶です!

(もくさく・すいせん・てつかんのん)
木柵水仙鉄観音の詳細はこちら
25g 単価  1,450円 購入数  


梅占

(めいぜん)
 梅占種の原産は鉄観音種と同じく福建省南部の安溪縣。台湾の木柵へ移民してきた際に鉄観音種と共に持ち込まれたと考えられます。

梅占種の茶樹は非常に個性的。長くスラリと伸びた枝が散開しているので遠くから梅占の繁を見るとさながらウニのようです。長い枝に広い間隔を置いて付く茶葉も特徴的。

また、茎の部分が非常に長いため写真の様に
三ヵ所で手摘みされる事があります。淹れ終わった茶底(茶殻)を注意深く観察してみると茎の上下に切り口がある茶葉を見つけることが出来るのも木柵梅占鉄観音の面白い特徴です。

梅占種は木柵において特にユニークなエピソードを秘めた品種でもあります。一昔前、南投縣名間(ミンチェン)郷の人々は当時から名高い鉄観音種の苗木をどうにかして木柵から持ち帰りたいと考えました。

しかし木柵の人々にとって最高の財産である鉄観音種だけは絶対に渡したくありません。考え抜いたあげく、
鉄観音種の身代わりを出してごまかす事にしました。それが梅占種だったのです。

しかし移植はされたものの、製茶行程の合理化が進む名間郷において枝が長く茶葉が密集していない梅占種は
機械摘みに適さなかった事と、金萱・翠玉・四季春などの生産性の高い品種に押されてその殆どが姿を消してしまいました。

一方、木柵において鉄観音種や佛手種に比べて重要視されていなかった梅占種でしたが、独特の
若々しくフルーティな香りと、さっぱりキレの良い味わいを求める声は根強く、品種の希少性も追い風になり茶通の間で次第に価値を上げながら今日に至っております。

いちど木柵を出た後、再び木柵で求められるという数奇な運命に、後漢の才女『蔡文姫』(さいぶんき)と梅占種とを重ねてしまうのは私だけではないでしょう。味わいもさながら、エピソードまでも楽しめるお茶です。
木柵梅占鉄観音
(もくさく・めいぜん・てつかんのん)
木柵梅占鉄観音の詳細はこちら
 25g 単価 1,500円 購入数  


佛手

(ふっしゅ)
 佛手種の原産は福建省の永春。茶葉が掌のように大きな事と、製茶されたお茶からは『佛手柑』と呼ばれる柑橘類のような風味がすることから『佛手』と名付けられました。

佛手種の茶葉は写真のように幅が広く大きいのが特徴。この大きな茶葉から造られたお茶は
煎を重ねるにつれ表情を変え、深まってゆく美味しさを楽しむことが出来ます。また、木柵佛手鉄観音のような球型茶葉の他に、文山包種のように條型に製茶されるものも有りますが、共に質が良く量も少ない為に非常に高価なお茶です。

この『木柵佛手鉄観音』は、他の木柵鉄観音と比べて
非常に繊細な香りと風味、味わいを持ちます。ほんのりと柑橘系を思わす酸味がかった香りは強い主張こそしませんが、辺りにはハッキリと佛手鉄観音と分かる香りが漂うのが印象的。

味わいは
繊細かつ饒舌で、始めは鉄観音製法ならではの芳ばしさが立ち、その後甘さが舌の上でふわりと膨らんだ後に佛手種独特の酸味を残します。特に二煎・三煎目以降はこの酸味が前面に立ち、咽喉の奥に爽やかな風味が重なってゆくのが楽しい。ごゆっくり楽しんで頂きたい贅沢なお茶です。
木柵佛手鉄観音
(もくさく・ふっしゅ・てつかんのん)
木柵佛手鉄観音の詳細はこちら
25g 単価  1,500円 購入数  



≪品種の違いを徹底的に味わってみる≫
それぞれの品種の個性的な味わいを
お得なセットでさっそく楽しんじゃいましょう!



虎の穴でご紹介している木柵鉄観音の全種をお得なセットでお届けします。各品種ごとの個性的な香り・味わいをじっくりとお楽しみ下さい!!
【セット内容】
1、『木柵正叢鉄観音』 2、『木柵金萱鉄観音』 3、『木柵水仙鉄観音』 4、『木柵梅占鉄観音』 5、『木柵佛手鉄観音』 各25g
※正叢鉄観音は春茶か冬茶の希望を備考欄に書き込んでください。特に無い場合は春茶とさせていただきます。

通常6,550円を三割引の4,590円でご提供!
『虎の子セット』
単価 4,590円 購入数  

FAXで注文する


〜虎の穴的〜楽しい飲み比べのご提案
1、『正叢鉄観音』と『金萱鉄観音』
元祖『鉄観音』とNewフェイス『金萱』との飲み比べ。観音韻を堪能した後は、茶底(茶殻)を比べて火焙の程度を見るのも面白いです。

2、『金萱鉄観音』と『佛手鉄観音』
まろやかで優しい口感を持つ品種の飲み比べ。品種の特徴的である『金萱』の甘い風味と『佛手』の上品な酸味を感じて頂けます。

3、『正叢鉄観音』と『水仙鉄観音』
はるか昔、福建省時代から続くライバル対決!南部代表『鉄観音』と北部代表『水仙』、お好みはどちら?

4、『水仙鉄観音』と『梅占鉄観音』
フルボディーの『水仙』とライトボディーの『梅占』を飲み比べ。同じ鉄観音製法でも品種によってここまで個性が違ってきます。

5、『梅占鉄観音』と『佛手鉄観音』
華やかさと、慎ましさの飲み比べ。舌の上でパッと弾ける『梅占』と、しっとりと風味を広げる『佛手』の違いをお楽しみ下さい。
●●●●●●●●● 他にも色々な組み合わせをお楽しみ下さい ●●●●●●●●●








台湾福茶TOPへ

copyright(c) since2003 台湾福茶 Taiwan fuku-cha